Home > モンテッソーリ理念を使った個人を大事にした教育/ Montessori
2歳から英語でモンテッソーリ、
英語リーディング米国小学校2年生レベル
音楽英才教育、多彩なエンリッチメントプログラム
Learning is fun! Bilingual and bicultural education!

 

自分のルーツを持ち、考える力を身につけ、世界でも活躍できるよう多彩なエンリッチメントプログラムを交えて国際人(バイリンガル及びトライリンガル)の育成を目指しています。

【Enrichment Program】
現役の演奏家による毎日の個人指導: (ソルフェージュ、バイオリン)
_________毎日のグループ指導: (リトミック、発声法)
茶室での茶道/中国語/囲碁

 

アメリカ/他国のモンテッソーリ教育、
日本のインターナショナルスクール等での
教育経験豊富な教師により、
真の国際人の育成を目指して開設された学校です。

長い海外生活や教育現場の教師としての経験から
日本人が日本人としてのアイデンティティーを踏まえた
国際人の育成が望まれると強く実感しています。

英語での会話が日常的に要求されている今日、
既存の英語教育の変革が必然です。
英語が話せるだけでは充分ではありません。

従来のように日本の学校で日本語、日本文化を学び、
我校では効率のよい英語教育を経験豊かな教師から受けることによりバイリンガル且つバイカルチュアルな子供の育成が可能だと確信しております。

英語で学ぶ
個人を大切にしたモンテッソーリの教育理念をもとに、

理科・数学・音楽などやほかにも日本の伝統文化の習字・茶道・碁などを英語で学びます。鎌倉山の自然に満ちた環境の中でこそ可能な楽しい学びもあります。

提言
家庭や学校で楽しく日本文化、日本語を学んでください。
そして鎌倉山で英語を勉強しましょう。

 

 

モンテッソーリ教育の分野とは?

『モンテッソーリについて』

1)日常生活の練習
全ての土台となる大切な分野で、日常生活で行われる様々な運動(動き)を、子どもサイズで本物の用具を使い練習します。本物の持つ美しさを肌で感じることや、物は壊れるということ、それ故丁寧に扱うことを学びます。

子どもは出来ないのではなく、やり方を知らないだけなのです。まず教師は子どもに「みててね」と声を掛け、一連の動作(用具を棚から取り出し片付けるところまで)をゆっくりと丁寧にやり方をみせます。

2)感覚教育
「大小、長短、太細、質感」などの概念を、体感することにより五感が発達し、物事の理解力や学び方を深めます。感覚教育では、「同じものが分かる」「比較して順番にする」「類別する」操作を通し知性の働きが覚醒されます。

3)言語教育
整えられた環境で過ごした子ども達は、自分の内面の準備が整った時、自然に読む、聞く、書く、「話す」ことが出来るようになります。当スクールでは子どもの個々の発達に合せてプログラムを組み、最終的に「読む」「聞く」「書く」「話す」、自分自身の考えを他の人に伝えることができるようになります。

4)算数教育
実質物を用いて具体的な量、数、重さを感覚で捉えながら数量概念を学びます。そしてその数量を言い表す「数詞」、書き表す時に用いる記号の「数字」を学び、系統化された教具によって細かいステップを踏みながら、十進法、連続数の認識、記憶による加減乗除法へと無理なく導きます。

5)文化教育
世界にはばたけるよう、日本人としてのアイデンティティーを確立する為、お茶室での茶道、お習字、囲碁を行っています。その他、中国語、プロバイオリニストによるバイオリンレッスン、プロの声楽家によるリトミックがあります。

詳しい説明は、体験入学の際にさせて頂きますので、ぜひ一度ご来校ください。